塾と家庭教師の特徴

塾には学校の授業のフォローが中心となる補習塾、入試の対策がメインの進学塾、両方の要素を兼ね備えている総合塾の3種類があります。 また、受験対策に強い場合が多い大手の学習塾もあれば、地元の学校の授業をカバーしたり、定期テストの対策をしたりすることに力を入れている小規模な塾までさまざまです。 なかには英会話の指導のみと、特定の分野だけの指導を専門的に行っている塾もあります。

そのほか、塾には多数の生徒に対し講師1人が指導を行なう集団指導塾のほか、生徒1人または2人に対し講師1人が指導を行なっている個別指導塾があります。 これに対し家庭教師は、まったくの個人で家庭教師を本業、副業でやっている人、大学で家庭教師のアルバイトをしている人、家庭教師派遣会社に登録して家庭教師をしている人の3種類があります。 どの種類を選択してもマンツーマン指導が基本であり、生徒の家で指導が行なわれる形になります。

塾と家庭教師はチラシ、ダイレクトメール、カタログ、パンフレット、新聞、雑誌、TV、ラジオ、インターネットなど、さまざまな方法で探したり情報収集を行なったりすることが可能です。 塾などによっては体験学習をしたうえで本格的に通えるかどうかを決めることが可能なところも少なくありません。 指導の内容や料金など、複数の塾などを比較してどこにするかを決めることが失敗しないためには大切です。 このサイトでは塾と家庭教師のメリット・デメリットを解説していますので、両者の違いを知りたいという人は参考にしてみてください。



◎Recommend Site
塾に関する情報として塾講師のバイトを探す時に履歴書の書き方や面接対策などに参考になります ... 塾講師 面接